2015年11月13日

融通念仏宗の総本山

大阪市長選挙の応援に平野へ行った時に、偶然に融通念仏宗の総本山の近くを通った。ああ、これが総本山なのだと知った。実は家の近くに極楽寺というお寺がある。この河内地方には融通念仏宗のお寺が点在している。近くには下高野街道が通っている。
お葬式などで、お寺のお坊さんには会うが、そもそも融通念仏宗の何かは知らない。総本山は平野にあるとの話だけは聞いていた。総本山は大念仏寺と言うらしい。1127年に鳥羽上皇の勅願により、宗祖良忍が開祖した、浄土宗の一宗派である。良忍が始めた当初は勧進行脚が主で、宗派としての組織を持たずに集団運動の中から発展したらしい。融通念仏の最大の特徴は、観想念仏から称名念仏の重要視に変えたことらしい。詳しくは分からないが、本山は立派なお寺だった。
大念仏寺.JPG
posted by ケチ at 12:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

府知事、大阪市長選の情報合戦

11月22日(日)のダブル選挙を控えて情報が飛び交っている。毎日のようにチラシが入る。自民党のチラシもあれば、共産党が主導している「明るい民主府政」もある。民主党関連のチラシがないのは、活気のない現在の民主党を象徴しているのだろうか。と言っても活気が有るのが、良いわけでもない。チラシを見て感じるのは、自民党や共産党が書いている項目は殆どが、相手の悪く言っているだけで具体性に欠けている。例えば、「無駄をけずり、財政再建に取り組む。経済・福祉・教育をよくする府政に云々。今までの府政や市政を良く勉強しているのだろうか。呉越同舟の相乗り府政・市政では改革は出来ない。一方、維新のそれは、具体的な政策を述べている。改革には、少しの痛みは伴う。皆がハッピーの政策は有りえない。「さよなら危険な維新政治」との各党あげてのキャンペーンには大いに違和感を覚える。日本の近代への夜明けとなった「明治維新」を思い起こして欲しい。改革なくして前進なし。
共産党ポスター.JPG

posted by ケチ at 10:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ども議会とインターネット

大阪狭山市の市議会は昨年から子ども議会を開催している。子ども達に、議会をよく知ってもらう為の開催である。市内の7つの小学校と3つの中学の代表者10名が、住みよいまちにするために提案してもらう。ゴミのポイ捨て問題などが、テーマでとなっていた。今時の小学生はしっかりしている。インターネットで情報を入手しているのだ。テレビの報道といい、インターネットといい、今では情報が世界中に溢れている。まだ、言葉も離せない小さな孫が、テレビを点けると、一生懸命に画面と話し手の言葉をに聴き入っている。我々の世代は、世間のニュースに触れだしたのは、高校生位ではなかったか。ミャンマーのスーチーさんの党が総選挙で大勝したなどのニュースは当時は知る由もなかったのに。

posted by ケチ at 10:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グランドゴルフに招待されて

11月6日(金)、近くの公園で開かれた池尻さくら会第6回グランドゴルフ大会に招待されて、参加した。この会は週に2回練習されているようだ。昨年も招待されて参加したが、グランドゴルフはパターゴルフに似ているが、グリーンのように整地されていない所をボールが走るので、なかなか距離や方向の調整が難しい。8ホールを3回回る大会だった。一番長いホールは50メートルくらいあるので、距離のコントロールが難しい。ゲームを楽しみながら、少しは歩くので高齢者には最適のスポーツである。スコアを気にしすぎた時には、ちょろが出るのはゴルフのパッターと同じ。入賞にも飛び賞のも入らなかったので、順位は分からなかった。スコアが最悪となり、ゴルフが嫌になった時には、グランドゴルフでも始めたいものである。
H271グランドゴルフ.JPG
posted by ケチ at 10:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん保険か生命保険のどちらが良いか?

最近、生命保険会社の複数の代理店から書類が届く。傷害保険や生命保険の窓口が一挙に広がったせいだろう。勧誘がたくさん来るので、病気の入院保険で一日5千円に入ろうと考えた。がん保険をかけて20年たつが、保険は使ったことがないので勿体ない。外資系の保険に入ろうと思っていた矢先に、知人が保険を扱っていることをふと思い出し即契約。テレビでよく宣伝しているアメリカの保険と同じような生命保険が国産の保険にもあった。持参されたPCで重要事項説明や保険の条件を即座に確認することが出来るのだ。最終段階で、なんと、東京のセンターの担当者とインターネットを介して、告知に関する面接を受けた。保険業務も変わったものだ。今ではパソコンを駆使できない保険外交員は失職だ。或る大手の生命保険会社、女性の総合職の新卒者5名を採用したが、10月でその内の4名が退職したらしい。どの業界も競争は厳しい。
保険契約面接.JPG
posted by ケチ at 10:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする