2015年10月31日

おかしいぞ日本共産党と自民党大阪支部の共同

共産党の「戦争法案反対」のポスターの横に「さよなら維新」のぽスターがあった。また、自民党の元府議候補と元市議候補の写真ポスターも。共産党が自民党の元府議・元市議を応援しているのだ。明るい会のチラシは共産党員がポスティングしていた。民主主義を取り戻すために立場の違いを超えた共同なのだろうが、自民党も落ちたものだし、共産党も変わったものだ。共産党こそ、今までの自民党の施策屋や府政を批判すべきではないのか。友達に言わせれば最近の共産党はおかしい。共産主義である「共産党」の看板を外すべきだと。中央では自民党に憲法違反は許せないと対決し、地方では、維新の改革を終わらせ、大阪に民主的な政治を取り戻す為の自民党との共同だと嘯いている。堺の「越後屋?」に似た輩も応援しているらしい。世の中むちゃくちゃ。賢明な大阪府民、市民は今度は騙されまいぞ。
posted by ケチ at 16:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪狭山市カラオケフェスタ(2015)

10月30日(金)午前9時45分から午後5時まで、さやかホールでカラオケフェスタが開催され参加した。このフェスタは毎年市の秋の芸術祭の一部として開催されている。今回の出演者は99名で4部に分かれている。時間の関係で歌は2コーラスのみ。途中で切ると
歌の良さが消えてしまうこともあるが、時間短縮の為には仕方がない。出場者は毎年上手になっているのは、出演という目標があり、努力し、継続が力になっているからだろう。出演料は一人1000円で、カラオケ愛好者連盟の役員が実行委員になって、協力している。欲を言えば、舞台装置が何もなく寂し過ぎるので、欲を言えば、バックを華やかにしたい。せめて金屏風でもあれば少しは華やぐだろう。また、平日を止めて土日の開催も考えたほうが良い。今回、小生は五木ひろしの「山河」を選曲した。良い歌だが、難しい歌だった。4部の司会も務めたが、風邪気味で喉の調子がおかしかった。このところ、朝夕がめっきり涼しくなった。
DSCN2383.JPG


posted by ケチ at 16:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界体操選手権個人戦で内村選手が6連覇

10月31日の土曜日、目を覚まして、テレビを点けたら丁度、体操世界選手権・個人戦を「ライブ」で放送していた。内村選手が鉄棒の演技を終了して、個人戦6連覇達成した瞬間を観た。オリンピックを含めて8連覇を達成したようだ。凄い事である。体操の各種目は本当に精神統一が必要だ。よく6年間も集中出来たものだと感心する。アスリートは何時かは体力・気力の限界が来て引退するだろうが、彼の兆戦を応援したい。(テレビ映像を拝借)

posted by ケチ at 15:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

遅れてきたネオ・帝国主義者=中国

27日に米海軍横須賀基地配属のイージス駆逐艦「ラッセン」が南シナ海南砂諸島を航行した。この5月に米軍や米国務省が艦船と航空機を勝手に作った人エ島の12カイリ以内に派遣する方針を中国に通告したが、オバマ大統領が待ったを掛けていた。その間、中国はこの人エ島に軍用に利用できる3本の滑走路を建設した。港湾施設も複数作られていて、今年の6月の時点では埋め立て面積が12平方`に拡大している。オバマ米国大統領の傍観が問題を大きくした。遅きに失した感があるが、27日に駆逐艦を使ったのは、習主席と会談で中止要請をあっさりと断られたことによる。公海上の環礁を勝手に埋めて、自分の領土だと宣言する今の中国は帝国主義以外の何物でもない。米国は「海洋権益を過度に主張する国には対抗する」としている。今は、米国しか、この中国の高圧的な態度に対抗できないのはおかしな話である。国連は一体何をしているのか。第2次大戦の戦勝国である5常任理事国が自分の不利益な案件は拒否権を行使するので、国連が動けない。国連が結成されてから70年になるのに、事態は改善されていない。世界は、勝手気ままに振舞う「新・帝国主義国」を許してはならない。
posted by ケチ at 12:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校同窓会同期のコンペ

年に2回開かれている泉陽高校同期生のコンペに参加した。天野山CCは河内長野市の天野山にあり、ひさしぶりの訪問である。このCC、クラブハウスが立派である。いや立派過ぎると言っても良い。外国のカントリー倶楽部でこれ程、豪華なハウスはない。ゴルフがステータスと考えられていた過去の日本だが、今ではオールドファッションだろう。周辺の倶楽部と比較してプレイ費は高めだが、便利だから利用者も多い。前回、春の4月にPLカントリー倶楽部でのコンペには欠席したのは、選挙前の多忙な時期であり、回りのヒトたちが気にかけてくれているのに、同期会のゴルフに参加するのは気が引けた。今回から、ゴールドというテイーグラウンドからテイーショットすることになった。コースによっては、極端に前からのスタートだが、距離の長さにはあまり関係なく、小生のスコアは伸びず、BBの上の成績だった。もとより、優勝などは考えていない。好天気に恵まれ、秋のベストシーズンの一日を過ごせたことに感謝したい。
posted by ケチ at 09:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

大阪狭山市総合防災訓練に出席

10月25日(日)、毎年開催されている市主催の総合防災訓練に出席をした。市から無償支給されている防災服や長靴、ヘルメットを着用して式に臨んだ。訓練内容は、平成27年10月25日未明に南海トラフ大地震が発生し、本市に震度6弱を観測し、市内各所に家屋倒壊や火災が発生したとしての訓練であった。市内の各地区の自主防災組織が参加していた。参加者は少なくはなかったが、本来ならもっと多くても良い筈だ。幸い、当地は自然災害発生が少ない。瀬戸内海気候の東端に位置していて、降雨量が少なく、他の地域が大雨が降っていても、狭山は小雨が降る程度だ。河内平野は雨が少ないので、潅漑用として狭山池が1400年前に日本で初めて築造された。災害の救助や、府のヘリコプターからの降下などが行われた。デモンストレーションではあるが、もう少し、機敏な動作をすれば良いのにとの意見が出ていた。

posted by ケチ at 23:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪狭山の狭山池と副池のコンビが良い

マンションの傾き問題が連日取り上げられているこの頃、ここ狭山は好天気恵まれている。今日は三日坊主を卒業して、副池と狭山池を巡った。福池は1400年の歴史がある狭山池とは違って、200年程前に狭山池の下池として造られた池であるが、狭山池の平成の大改修の時に整備されて良い散歩道になっている。特に朝凪の時には水面が鏡になって家々を映している。来年は狭山池築造1400年祭が企画されているが、美しい秀快2路として「狭山池・副池をペアで売り出せば良い。格好の散歩道になる。今日はスローウオーキングを混じえたので周回の時間短縮が出来た。さやか公園には本日の「防災訓練」の準備が進んでいた。整備された副池は、千葉県市川市中国分に住んでいた時に良く散歩した「じゅん菜池」によく似ている。

posted by ケチ at 22:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

地域福祉と社会福祉の関係

最近は地方創生や地域主権など、「地域」が脚光を浴びている。社会福祉は私的な取り組みだけでは解決できない生活上の問題の解決を社会的に行うための取り組みであり、地域福祉は「地域」に主眼をおいて、市民が主体となって協力しあい社会福祉に関する活動を行うものである。現に、介護保険制度が変わり、7段階あるうちの、要支援1,2が介護保険から外されて地方自治体の業務となった。大阪狭山市の平成26年での65歳以上の割合は25.1%で、地区によってのバラつきもある。市内のH26年の要支援・要介護の認定者は2803人でその内の要支援者は820人。毎年この数字は増え続ける。認知症高齢者も増加する。医療費も年々増加していて、少子高齢社会にどう対応して行くか、大きな問題である。だから、徹底的に無駄を省く必要もある。
posted by ケチ at 17:56| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテーテル・アブレーション治療

この日曜日、恒例の雁鳴きフォーラムが本町の産業創造館で開催され出席した。久しぶりにお会いした先輩から、不整脈の話を伺った。心房細動と診察されたので、大阪市内の有名専門病院で4月にカテーテル・アブレーション治療を受けたが、再度治療を受けるらしい。40%位の確率で、再度受ける必要があるとの事。脚の付け根からカテーテルを挿入して、右心室、右心房を通過させて、不整脈の原因である左心房を治療する治療法で、手術ではない。しかし、この治療、高度治療で治療費が恐ろしく高額で1回の治療で優に200万円は超える。勿論高額医療制度があるから本人の負担額は抑えられている。心房細動自身は血液をさらさらにする薬を継続して服用すればそれ程心配する病気でもないらしいが、発作が起これば後遺症が残る。4月の治療は成功したが、坂道を歩くのが辛くなったらしい。ご当人は治療を受けなければ良かったとの感想であった。知り合いが突然に脳梗塞を発症するケースをよく耳にする。加齢が発症の原因の一であり、不整脈は自覚症状が出にくいらしいので、要注意である。
posted by ケチ at 17:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三日坊主を返上し、スロージョッギングへ

朝のテレビで、天皇・皇后さまのスロージョギングが紹介されていた。ウオーキングよりも少し負荷がかかり、効果が大きいらしい。早速に実行することにした。推奨している先生は14kg減量出来たらしい。時速は4キロぐらいで歩くよりも遅くても良い。スロージョギングで着地を指のつけ根にすると、確かに太腿の筋肉が衝撃荷重が掛かるからウオーキングより鍛えられる。また、自然と両腕を90度位に曲げる姿勢になる。3ヶ月で3kg減量を目指してみる。今日も、当地は関西は好天。例年と比べて今年は雨が少ないので、お米の質が少し硬い目になるかも知れない。
狭山池南岸から.JPG
posted by ケチ at 17:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり研究会介護・福祉分科会

まちづくり研究会は設立されてから既に7−8年は経つ。まちづくり大学の修了者が自主的に研究会を立ち上げて、会合を開いている。分科会は5つあり、小生は第3分科会(福祉・介護)と第5分科会(都市計画・行財政)に属している。第3分科会では福祉・医療・介護に関連する事柄を扱っている。介護保険制度から切り離される「介護予防問題」など、会員にとって身近な問題が沢山存在するが、行政の施策とも関連するので、中々推進するのは難しい。それでも何らかの貢献をすべく研究を重ねている。
まち研福祉分科会.JPG

posted by ケチ at 13:41| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下高野街道(狭山駅から池迄)の一方通行道

南海高野線の狭山駅から池迄の府道は一方通行道。この府道の駅前には現在、ビルの建築工事中だ。以前からこの一方通行道は府道ながら、狭すぎるので側溝の蓋設置を要望していてかなり整備が進んだが、駅前のは入口は狭い。自動車が入ってくると、私有地へ入り避ける始末、以前から市へ要望している案件である。府道の管轄は富田林土木で、市が直接に工事をしないらしが、市や府などと言わず、市内を走る道路の管理はその自治体が管理すべきだ。安心・安全のまちづくり、まず小さな事から始めよう。一方、バスが走る市道、懸案だった側溝の蓋工事が完成した。この市道大分整備されつつあるのは嬉しい限りである。
府道の状態.JPG

posted by ケチ at 13:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三日坊主を返上を目指して

10月も末に近づくと、日も短くなり、朝夕も涼しさが感じる。このところの好天気に誘われて、久しぶりに家内と一緒に、朝7時に出発しておよそ一時間、副池・狭山池を散歩した。これをきっしょに朝の散歩を続ける。理由は、コレステロール値が高すぎることが、定期検診の結果で分かったからである。テレビ番組で、LH比が話題になっていた。L/Hで、自分の数値は、理想的な20をはるかに超えている。H(=善玉コレステロール)が50でL(=悪玉)が170。最近は運動不足なのだ。今度こそ三日坊主は成らないようにする積もり。
狭山池は朝靄で金剛・葛城山が霞んでいた。
金剛葛城と狭山池.JPG

posted by ケチ at 12:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

この際「政党助成金制度」の廃止を!

維新の会が残留組、新党への参加者、中立者に分かれてもめている。現在の代表者がその権利が無いのに、新党への参加予定者を除名したり、政党助成金の通帳が大阪型方が保持しているのでそれを引き渡して欲しい等々新聞沙汰になっている。誠に見苦しい。橋下氏は維新の党を解散して、政党助成金を国庫に返納したらよいと提案していた。その案に賛成するが、一歩進んだ話をすると、政党助成金制度を廃止したら良い。そもそも政党助成金制度は、議会制民主主義政治における政党の昨日の重要性に鑑み、選挙制度及び政治資金制度の改革と軌を一にして創設されたもの。政党助成法(平成7年1月1日施行)には、政党助成を行うにあたっての必要な政党の要件のほか、政党の届出その他交付金に関する手続きなどを定めている。現在は約320億円が税金から交付されている。しかし、相変わらず企業献金、支援団体からの寄付金を受領、資金集めのパーテイーの実施などが報道されている。最近、政党の離合集散が頻繁に行われていて、この助成金を巡る卑しい争いが目に付く。現在、日本共産党だけがこの助成金を受け取っていない。国勢調査により確定された人口に@250円を乗じて算出された額を届出のあった政党で山分けしている筈で、本来の共産党の取り分は他の政党に入っていることになる。もし維新の会が返上しても他の政党に渡るだけではないのか?個人献金の土壌が無い日本では、政党助成金が必須だと言っているが、利権と結びつく献金がしばしば見られることを考えれば、この政党助成金制度を廃止したらよいのだ。報酬や通信費など現在支給されている範囲内で選挙をすれば良い。代議士が高級料亭や高級ホテルで会合する必要はさらさら無い。
posted by ケチ at 09:39| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

馬鹿げている10段の組体操とリスク管理のなさ

大阪の八尾市の中学校で、10段の組体操をしている時に、それが崩れて、5人が骨折などの重軽傷を負った事故が新聞やテレビで大きく取り上げられた。報道の中には、文科省の学習指導要領にこの組体操の規定がないのは不備だとの意見もあった。10段もの高さに人が積み上がると下で支える生徒には大きな重量が掛かるのは明白だ。人は結構重い。9段の組体操の時、下の生徒には120`の重量が掛かるらしい。最近のスラリと伸びた足や腕の小中学生にとって120`の重さには耐え切れまい。また、崩れた時には衝撃荷重がかかる。この組体操の事故は2013年だけでも年間に8000件も発生している。文科省の指導要領を云々するよりも、学校の先生方のリスク管理の無さを問題にすべきである。先だって、メッカで参拝者が殺到して700名以上が亡くなっている。裁判にもなった明石市の花火見物時の事故も記憶に新しい。10段の組体操では140人が参加する。骨折だけで事が済んで良かった。下手をすると死者が出たかも知れないのだ。

posted by ケチ at 22:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3次安倍改造内閣の顔ぶれ

安倍改造内閣の顔ぶれが報道された。来年の参院選での必勝を期すため、四役をふくむ 執行部は全員再任らしいが大臣は少し入れ替わるようだ。顔ぶれを見て、50ー60年前の大臣とは大分変わったな感じるのはその出身大学だ。昔の大臣の出身大学は殆どが東京大学だった。しかし、今回の顔ぶれを見ると様変わりである。20人のうち東大卒は4人のみ。成蹊大、学習院大、早大、上智大、法政大、日大、慶応大、中大等々東京の私立大学が目立つ。受験生の保護者間では今未だに東大神話が跋扈しているが、世間では既にそのような神話が通用しなくなっている一つの表れなのだろう。
posted by ケチ at 00:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VWの排ガス装置の誤魔化しに驚愕

現役時代、当時の西ドイツに技術提携先があり、しばしばドイツの企業を訪問し、ドイツ人の誠実さや堅実さを感じていたのだが、この度のVWの排気ガス規制を逃れるための小細工には呆れる。1100万台も誤魔化していたようだ。経営トップが知らなかったとの事だが、経営トップの責任は重い。どうしてこのような不正が社内で罷り通ったのか不思議でならない。誤魔化しがばれないと考える方がおかしい。VW社は大きな代償を支払うことになる
posted by ケチ at 00:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TPP大筋合意と大村栄誉教授のノーベル賞受賞

日米など12カ国が環太平洋線戦略的経済連携協定に大筋で合意した件と大村氏のノーベル賞受賞のニュースが日本中を駆け巡った。報道で大村氏の経歴を知るにつけ、人物の素晴らしさに感心した。美術館を作り、まちに寄付をしたり、若者のために学習の機会を作ったり、人の為、世のために尽くされている人は今時少ない。二宮金次郎や野口英世のようなお人である。久しぶりに神さんのような人物に出会った。一方、TPPが長年の交渉の結果、大筋合意に達したのも、今後の日本や世界経済にとって影響が大きい。ますますグローバル化の進展を実感している
posted by ケチ at 00:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

株主説明会(アステラス製薬)へ出席

秋晴れの日に、久しぶりに大阪ビジネスパークにあるホテル・ニューオオタニへ出かけたのはアステラス製薬の株主説明会があったから。小株主ではあるが、何故か説明会の様子を見たくなったからである。会場は、ホテルの大広間で満員の盛。社長が一人で、PC接続のプロジェクターを駆使して説明や質問に答えていたのは今風で格好が良かった。質疑の時に、社外取締役を含めても7人の取締役は少なすぎるのではとの意見が出ていた。現在は取締役会の構成員は昔と比べて遥かに少ない。その代わり執行役員が実務で支えている。何十人も居る取締役会こそ非能率的なのだ。日本の企業も欧米式になってきた証拠。ビジネスパーク周辺には大阪の雰囲気はなく、東京の大手前のようだ。長堀鶴見橋線で千日前へ戻り、「しんぶら」をして難波へたどり着いた。途中の心斎橋筋やとんぼり界隈には外国の観光客で溢れていて活気があった。LCCの普及も手伝ってか、グローバル化を実感した一日であった

posted by ケチ at 23:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

南十字星会の機関紙

10月2日(土)、大阪市内の中之島にある大阪大学中之島センターでの南十字星の幹事会に出席。中之島センターへ行くのはこの会合の時だけであるが、周囲の景色が毎回少しづつ変貌しているのに気が付く。この中之島には大阪市の電気科学館やリーガロイヤルホテルなどがるが、川の北側にも高層ビルが立ち並びつつあが、それでも東京の変貌には大きく差を付けられている。10月におおさか維新の会が発足し、副首都を目指すらしい。居住した経験者として首都圏は地震が多すぎ、やばい感じがする。日本全体を考えれば、列島には2つの拠点が必要だ。ところで、「南十字星会」は旧阪外大のインドネシア語学科の同窓会であるが、機関紙を発行している学科の同窓会は少ない。現在まで21号発行されていて、同窓会員約850人に毎回送付されている。12頁立ての機関紙だが、インドネシアに関心を持っている人にとっては大変有意義な情報誌である。発行が継続されている理由の一つは会長や特に編集を一人で引き受けてくれていた岩谷氏(元産経新聞社)に負うところ大きい。学校の同窓会が上手く運営される主な理由は、メンバーのボランテイア精神の発露である。奉仕精神に富んだリーダーの存在が必須である。今回、東京支部長を快諾された辻本雅広氏(元住商)がわざわざ東京から参加してくれた。毎回減少して行く「協賛金」の問題は存在するが、是非とも継続して発行される事を望んでいる。継続は力である。

posted by ケチ at 12:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする