2015年08月11日

川内原発が再稼働する

平成23年5月に定期検査のため停止して以来、約4年3ヶ月ぶりの運転再開である。平成23年3月の東電福島第1原発事故が、安全対策を強化した新規制基準に基づく再稼働である。25年9月の関電大飯原発が停止して以来1年11ヶ月ぶりの日本での「原発ゼロ」状態から脱却する。以前にも述べたが、4年前の福島原発の事故は人災である。今後、裁判所でもその責任が審査されるが、全く経営者の過失である。 1昨年、関電の大飯原発を見学した。日本の原発には2種類、加圧水型(PWR)と沸騰水型(BWR)がある。関電は前者で、東電は後者。PWRは核燃料で熱した水(一次冷却水)を通した配管に水(2次冷却水)接触させて蒸気を発生させて発電タービンを回す。PWRは格納容器がBWRより大きくて、圧力に余裕がある。活断層の問題も提起されているが、岩盤まで打ち込んだ基礎部は少しの振動ではびくともしない構造になっている。このPWR型原発は西日本に多い。今の日本、幸いに天然ガスなどの化石燃料の価格が暴落しているので、国際収支も良くなってきているが、クリーンで安定供給が出来る原発の稼動は必須である。今の猛暑や異常気象を思うときに、ただ 一時の感情論だけで原発絶対反対を叫ぶのは如何なものか?
posted by ケチ at 11:55| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孫、来て良し帰って良し

8月4日(火)、夕方、1年ぶりに首都圏に住む孫(一真)が大阪に来るので、新大阪まで迎えに行った。昨年は和歌山の高野山まで連れて行ったが、あまり興味を示さなかったので、今回は娘の幼児(愛生・メイ)と一緒に面倒を見ることにしたので、白浜のアドベンチャーワールドと大阪の海遊館めぐりに決めた。翌朝、自動車で白浜へ。高速道路が白浜まで完成したので車の利用が便利になった。山の上にアドベンチャーワールドがあった。このアドベンチャーワールドはパンダで有名だ。観覧車やジェットコースターなどもあったが、乗る気にはなれず。イルカショウが面白かった。イルカの捕獲に関しては世界的な問題になっているようだが、イルカは賢い動物だ。4年ほど前に東京の品川プリンスホテルで見たショウーよりも頭数も多く、パフォーマンスも見事だった。動物園はサファリ風だったが、猛暑のせいで、猛獣たちは昼寝をしていた。有名なパンダはこの場所で生まれたようだ。珍獣ではあるが、後期高齢者にとっては見物してもあまり興奮しない。翌日は、湯浅の親戚へ立ち寄り、2人の孫を紹介し帰宅。8月7日(木)の夕方から、大阪市内の海遊館へ。残っている印象としては、デカイじんべいざめが2匹泳いでいたこと。この海遊館、今後は民間の近鉄が運営するそうだ。民営化されれば来客数はもっと増えるかも知れない。何処まで理解しているのか定かではないが、8か月の愛生(メイ)は魚類を見ながら両手をばたつかせて喜んでいた。8日(土)千葉へ帰る一真を新大阪駅まで送って行ったが、今年の猛暑の中でほっとしながら「孫来て良し帰って良し」の名句を実感した次第。
posted by ケチ at 11:23| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護職と外国人雇用

今まで看護師と介護福祉士は日本政府とEPA(経済連携協定)を結んでいる国、インドネシア、フィリピン、ベトナムに特例として人材の受け入れが合意されていた。「(特定活動」という在留資格で)。この制度は、日本の医療機関や福祉施設で3〜4年間働きながら、日本の国家試験に合格すれば引き続き日本で働く事が出来るが、合格出来なければ帰国というもの。おまけにその試験は日本語で実施されるという大変ハードルの高いものであった。友人は受験の生に日本語を教えるボランテイアもしていた。それぞれ出身国で大学教育を受けた研修生でも流石に日本語での受験は難しく、当初の合格率は最低だった 最近では英語表示が付いたりして条件は少しは緩和されている。これまで、外国人には医師、歯科医師、看護師など14の業種には限定的に就労が認められていたが、同じ医療関係でも、介護福祉士などはこの14業種に入っていなかったからだ。今回の改正案が成立すれば新しい在留資格「介護」での就労が認められる。在留資格には厳しい日本だが、グローバル化に併せて制度も変えて行く必要がある。



posted by ケチ at 10:49| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする