2015年07月31日

門上のバラ

かなり以前に千葉の京成バラ園で購入し門かぶりにするように植えたバラは大きく育ち、いつも4月初旬には満開になる。残念nあのは、満開期間はたったの一週間で見事に散ってしまう。今年も満開だったが風に煽られて、傾いた。突っ張りをして凌いでいたが、大きく傾いたままになってしまったので、玄人の植木屋さんに頼んで、新しいアーチの上に乗せてもらった。たかが、バラの木ではあるが、猫の額のような我が家の庭の一部として頑張ってくれている。
posted by ケチ at 12:14| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卓球クラブ

その昔、さやま卓球同好会に所属して、週に3回ほど、卓球を楽しんでいた。東京へ転勤してからは、硬式テニス(所謂オバタリアンテニス)に転向し、久しく卓球はしていなかった。さやまへ帰ってきた時に、昔の仲間がプレイしている所へ参加してみたが、約10年間のブランクはいかにも大きく、昔はそこそこに試合が出来ていた相手が上手になっていて歯が立たず、卓球は諦めた。まさに継続は力なりで、10年ものブランクはとても取り返しが効かないことになっていたのだ。そこでテニスを続けるべく、近くのテニススクールへ入って、プレイしていたのだが、多忙にかまけて、それも沙汰止みとなっていた。たどり着いたのが老人クラブの卓球同好会。週日の午後からの練習日故に、休む事も多いが、久しぶりに出席した。65歳以上の高齢者がメンバーがオレンジ色したラージボールを使用して楽しんでいる。滅多に試合をしない。大抵はダブルスで球を追っているのだが、皆さん上手。連日真夏日が続く7月のこの頃、動くことで汗を流すのは誠に気持ちが良い。汗だくになったので、ひと風呂浴びたら、身体がしゃきっとしてきた。
posted by ケチ at 11:00| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

2重行政の元兇が、指定都市制度ではないのか?

H27年5月17日、大阪都構想の住民投票が実施され、僅差で否決された。府・市合わせ(不幸せ)と揶揄されていたように、大阪府と大阪市が連絡を密にせずに、2重行政がなされていた。幕末の諸藩は300あり、紆余曲折を経て47都道府県に分けられ現在に至っている。この47都道府県の行政区分は、高等学校の野球全国大会などでは郷土代表として湧き上がるが、行政区画としては小さ過ぎる。その小さな区割りの故に、選挙などで憲法違反の問題も発生している。明治から昭和にかけて東京市政案や東京市、大阪市、横浜市、名古屋市、神戸市の6大都市の特別市政案が検討され、昭和18年(戦争時)に東京府と東京市が都政に移行した。昭和31年(1956)に地方自治法が改正され「大都市に関する特例」が設けられ、京都、大阪などの5大都市が政令都市に指定された。
今ではその政令指定都市が全国で20あり、都道府県から大幅な権限委譲を受けて経営している。さらに中核都市が42、特例都市が40もあり、何れも都道府県内に存在している。神奈川県には横浜市、川崎市、相模原市の3つの政令都市が存在し、大阪府にも大阪市、堺市の2つがある。そもそも、狭い日本の国土の中に47もの区割りがあり、府県の中に独立性の強い政令都市を設けることに問題があるのだが誰もこの地方自治法の存在を指摘しない。政令都市は都道府県の中に出来た「がん細胞」のようなものだ。本体の意思とは違った勝手な行動を取り得るのだ。当初は人口100万人の要件だったが、今では人口70万人程度に緩和されている。この政令都市とは、大都市行政の合理的な運営と市民福祉の増進を図るためにとの能書きがあるが、中央官庁から見たら、「御しやすい」分割統治ではないのか?重ねて申し上げるが、今後の日本を考えるとき、47都道府県の区割りは小さすぎる。ましてや、その小さな区割りの中に独立性が高い政令都市や中核市、特例市を量産して何が効率的な行政運営と言えるのか?2重行政の元兇は「政令指定都市制度」である。
posted by ケチ at 12:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天神祭りで賑わう心斎橋筋など

歯医者での治療(金属製の被せを装着)後、本町の問屋街で4つの時計の電池を交換。ついでに、電波腕時計を購入した。3月前に購入した電波腕時計は昨日、理由不明ながら、リューズが折れてしまい、全く動かなくなったのだ。その後家内と落ち合って、久しぶりにシンブラと洒落込んだ。何時もの土曜日とは違って、心斎橋筋の人の流れが多いのは「天神祭り」の日だった。商店街を見わたすと、目立つのは「免税店」の看板だ。中国語の看板も多い。昔の心斎橋筋とはお店が随分と代わった。ユニクロ、GU,ダイソーも出店している。靴屋さんも多いが、薬のチェーン店がよく目立つ。中国のお方の爆買いの影響なのか。この戎橋、心斎橋筋商店街は世界にもっとPRしても良い観光スポットだろう。(天神橋筋商店街も長さでは遜色ない)。戎橋から見たら、道頓堀川に天神祭りの船が浮いていた。梅雨明けの暑さが周りを囲んでいたので、祭りの見物は自宅のテレビですることにして、デジカメを構えたら「電池切れ」の表示が出たので、映像は残せなかった。いつもながら、天神祭りの辺りの大阪は一番暑い。
posted by ケチ at 11:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

日本の苗字の多さに驚く

早朝の5時から久しぶりに議会ニースのチラシをポステイングした。何時も感じるのは、日本人の氏名(苗字)の多様さだ。一つの漢字に、上下の漢字が付く。例えば「村」この上部にも下部にも上、下、東西南北、大中小などが付いて苗字をなしている。米・英国にも最近では聞きなれない新しい名前があるが、とても日本の比ではない。小さい本市であるが、ポステイングをする機会にその地域の様子をうかがい知ることが出来る。何でも見てやろう精神とウオーキングを兼ね備えたのが最近の我がポステイング活動である。
posted by ケチ at 10:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんともやるせない感電事故

静岡県でい二つの家族が川で遊んでいて感電し、男性2人が死亡、5人が重軽傷を負った事故、原因は安全を十分に考えずに施工したミスが原因だ。花が好きだった男性(79歳)が、鹿に食べられたことから自己流で電気柵を設置。電気に関する多少の知識があったらしいが、家庭電圧(100V)を昇圧して、過電流を防止するブレーカーも付けていなかった。日中、電源を切ることになっていたのが、忘れたらしい。悪気は無かったにしても、不注意で死者を出したのだから、重過失致死罪だ。生半可の電気の知識があったから、こんな事件が起こった。生半可は怪我の元。災難にあったご家族を思うと全くやるせない気持ちである。
posted by ケチ at 10:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

スキマ産業のフランチャイズ化

座敷の雪見障子の張り替えをすることにした。昔なら妻が張り替えたものだが、今はそんな根気はない。近くのお店は、開閉が頼りない。そこで、インターネットで検索してみた。全国の張替業の一覧表が出てきた。いくら安くても、北海道のお店に頼む馬鹿はいない。業者名が分かったと同時にスキマ産業のフランチャイズ店募集の広告も見つかった。障子や襖の張替は確かにスキマ産業であり、大手は手を付けない。昔からの業者(職人)は高齢化して、廃業も多い。若い経営者がそのスキマに気が付いて、多店化を図っている。脱サラの若者を「マニュアル」とおりに訓練して、開店させるのだ。確かに障子紙の張り替えならば、少しの訓練で上手く貼れるようになる。くるくる寿司の寿司職人でも同じことだろう。散髪屋さんにしても、コンビニにしても同じことで、システム(しくみ)が重要なのだ。脱サラにいさんの仕上がりはどんなものか興味がある。素人作業か?玄人の技か?雨続きの故か、仕事が混んでいるのか?、仕事が遅い分だけ割安なのか?
posted by ケチ at 11:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

大阪府後期高齢者医療広域連合議会

府の広域連合議会は府内の市町村から選出された20名の議員で構成されている。府内には、@政令市ブロックA北摂ブロックB河北ブロックC中部ブロックD何部ブロックE町村ブロックの6つがあり、それぞれのブロックの市議会議員が選出されている。通常の議会と同じように、議長、副議長、監査委員が置かれている。行政委員会には「監査委員」、公平委員会、選挙管理委員会がある。執行機関として広域連合長(市長)、副広域連合長(3市長等)、事務局としてのスタッフが40名。広域連合長提出案件として、人事案件や「請願」、「陳情」があれば本議会で審議される。その本会議が平成27年8月4日(火)、午後1時からホテルプリムローズ大阪の3F「高砂」の間で開催される。たまたま小生が、本市の建設・厚生常任委員長となっていて、広域連合議員に選出され、地方自治法第107条の規定により臨時議長を務める羽目になった。
posted by ケチ at 22:51| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者の年間一人当たり医療費の状況

厚労省の「後期高齢者医療事業状況報告」に、都道府県別の医療費一覧表がある。それによると平成25年度での大阪府の順位は、多い順で5番目(1,075,405円)である。一番は福岡県(1,181,686円)。2番が高知県(1,120、838円)、3位が北海道。4位が長崎県、そして5位が大阪府。九州の各県の高順位の理由は不明。47都道府県の中で、経年を見ても、毎年同じような順位である。一方、医療費が少ない県として、47位(=最小)が新潟県、46位が岩手県、45位が静岡県。東北の各県は総じて低いのは不思議な感じがする。地方は病院や医者の数が少ない筈だが。100万円を超えている県が13県あり、隣接の奈良、和歌山、兵庫と比べても大阪は悪い。因みに、平均寿命が一番長い長野県は43位で、評判通りの順位。千葉県が44位なのは、まさか、南京豆が健康に良いのだろうか?兎も角、小学・中学校の全国平均順位と同じような大阪府の実態を改める必要がある
posted by ケチ at 21:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度のしくみと財政運営

昨年6月に自身が後期高齢者になったが、そのしくみについては無関心だった。むかし 自公がこの制度を作り、民主党他が猛反対をして改められたと思っていたのだが、原案のとおり、国民健康保険から切り離されて後期高齢者用の独自の保険として運営されている。医療費の請求は広域連合へ、全市町村が加入している「広域連合」が医療機関等に支払うしくみだ。医療にかかる費用のうち、患者の窓口負担を除く分を公費、現役世代(75歳未満)からの支援金、被保険者からの保険料で負担している。被保険者の保険料が約1割、後期高齢者支援金が約4割(現役世代(75歳未満)の保険料)、公費が約5割(国4、府県1、市町村1)である。この制度で問題だったのは、高齢者家族で一人が後期高齢者になると、その扶養家族(75歳未満の妻など)は被扶養者になれず、個人として国民保険への加入が必要になる。65歳以上74歳までの障がい者(広域連合が認めた)もこの保険の対象である。よく考えられたしくみだと思うが、平均寿命が延び、耐用年数が伸びきったこの日本の高齢社会にあって、今後どれほどの保険料や公費負担が増えてくるか心配である。この制度を見守るための後期高齢者医療広域連合議会が存在する。
続きを読む
posted by ケチ at 21:21| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

松成栄子さんにエールを贈る

平成27年7月20(祝日)、山頂の登山回数掲示板に松成さんの名札を7千回の欄に見つけた。もう少しで85歳になられる彼女だが、遅くから登り始めて7,000回を達成。殆ど毎日、それも一人でこつこつと築き上げ金字塔である。下山途中で、今日もお会いした。歳が歳だから、登る時間が遅くなったと謙遜されていたが、大変素晴らしい事である。今日は祭日なので、登山者が多かった。最近では女性の一人登山者が目立つ。因みに小生は未だかって、一人で金剛登山をした事がない。さみしがり屋ではなくて、がやがやと話をしながら登る方が楽しいからだ。途中、杉林や雑木林の木漏れ日が美しかった。

posted by ケチ at 15:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H27年梅雨明け宣言の日の金剛山

7月20日(月・祝日)、梅雨明け宣言の日に金剛登山。今日は祝日で登山客も多かった。頂上での気温は21度C,谷風が心地よかった。台風11号の雨のお陰か見晴らしが良く眼下には狭山池がはっきりと見えた。行政、特に前の市長がこの池を世界遺産に登録したいとマニフェストで宣言し、その線で進めてきているが、私は、残念ながら世界遺産には不向きであると思っている。市議の殆どは「夢があるのだから、目指せば良いのに、何故反対をするのだ」と言う。どう見ても世界遺産の選定基準からは外れている。空から見たら、ポテトチップが浮かんでいるような小さな池である。日本最古の人口池には違いないが、平成の大改修により、昔の佇まいが無くなっている上バッファゾーンがダメである。最近、国の史跡名勝には指定され、発掘された重源の碑などが重要文化財になったが、それだけでは世界遺産には成り得ない。ただ、世界遺産に登録するための経費をあまり使っていないのは幸いである。各国の世界遺産を訪ねた経験のある市民は「成りえない」と結論づけている。日本には2,420件(4,695棟)の建造物の重要文化財がありその内には国宝が221件(271棟)が存在する。云わば常識の問題だ。
金剛山から狭山池遠望.JPG

posted by ケチ at 15:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

新国立競技場について一言

新国立競技場の建設は白紙撤回し、仕切り直しとなったのは良いことだ。しかし、この案を決めた時の選定委員長の説明によると、デザインを選定しただけだと。建築物の良し悪しを決めるのにデザインだけを決めるコンペなど聞いたことがない。建築費がべらぼうに上がったので問題になっているが、もし現在の技術では建設が難しいものだとしたらどうする積もり?砂上の楼閣では仕方がない。価格を無視したコンペなんてあり得ない。再度コンペをやり直すらしいが今度の審査委員には、デザインばかりではなく、強度計算、必要な資材、およその建設期間、建設費その他の設計資料を精査するよう要望する。
posted by ケチ at 19:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの健康診断の受診

後期高齢者医療連合から健診の案内が来たので、3年ぶりで受信した。事前に問診票を渡しておいて、検便、検尿、バリウム検査、心電図を受けた。血液検査の結果は未着だが、心臓も、胃腸も、腎臓も問題がなかった。前立腺肥大も無さそうなので一安心。日本の検診受診率は平均して91.9%らしい(厚労省)。世界での平均寿命高さにも表れている。健診は毎年受けたほうが良いが、ちょっとした切っ掛けで、病気を発見することもある。知り合いのご主人は、医療関係で仕事をしていて、義理で胃の検査を受けたところ初期の胃癌が見つかった。初期だから、内視鏡で処理が出来たらしい。胃癌は初期段階で見つかれば術後の生存率は高い。大腸癌でも直腸癌でも早期発見であれば、昔のように死に至る病気では無くなった。自分の健康を過信している「無病息災」よりは「一病息災」の方が、癌の早期発見に繋がる検診で重要な項目は5つ:@喫煙A飲酒の量B血圧C血糖値D血中脂質。生活習慣を正せば長生きが出来るだろう。
posted by ケチ at 19:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪心斎橋筋での賑わい

本町の那須歯科医院へ行った時には心斎橋筋を南下し、南海難波駅まで歩くことが多い。歯医者の予約が夕方の4−5時頃が多いので、シンブラは6時頃になる。その時刻は帰宅を急ぐ日本人のサラリーマンも散見するが、東南アジアからの旅行者が大半を占めている。ダイソーに入っていると小学生がインドネシア語を話していたので、どこから来たと尋ねたらジャカルタからとの返事。母親が近くに居て話をした。何度も日本へは来ておられるとのこと。心斎橋では中国の人(香港を含む)が一番多いようだ。グリコのネオンを撮影したり、道頓堀で集団になって座っている。大阪の心斎橋筋は旅行者にとっては珍しいまちだと思う。靴屋さんも多いが最近では薬チェーン店が目立つ。「爆買い」が話題になっているが、値が張るのは日本橋筋の家電だろう。東京の秋葉原と比べて、日本橋の宣伝が不足している。このところ、懐が必ずしも暖かくない日本人の海外旅行は減少気味らしく、昨年度は国際旅行収支が2099億円の黒字。京都が世界の旅行地として一位らしいが、大阪や奈良や神戸にも、旅行者にとって魅力的な場所は少なくない。PRを徹底すれば、年間3千万人の目標以上に海外旅行者を呼び込める筈だ。
posted by ケチ at 19:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔と様変わりの府立高校の入試事情

時々、尋ねられることがあるので最近の高校入試事情を調べてみた。何しろ情報化時代、インターネットでは入試に関する情報が溢れている。自分の高校入学時(正確には58年前)の事情とは大きく異なっている。思えば当時の情報は少なかった。田舎へ行くのは嫌いで、堺市内の高校を選択。少し得意だった英語が入試科目になく(翌年から入った)、無理をせずに泉陽に入った。余り好きな言葉ではないが「泉陽牧場」で3年間をのんびりと過ごした。富田林高校へ進んだ仲間は大学入試に関する詳しい情報を学校から得ていたので、少々羨ましかった。普通は、受験の為の塾通いなどは無かった。府立高校への進学が当然だった昔のとは違って、私立の中高一貫高校が増えたものだ。大学入試の実績を見ると、私立の中高一貫校の健闘が目立つ。大阪府で学区制が廃止された後には、母校の泉陽高はかろうじて、所謂「文理」学科のあるトップ10校の次に位置しているが、大阪市内の伝統校である筈の、清水谷、夕陽丘、住吉、今宮高、阿倍野などの入学偏差値がこぞって低迷して、入学偏差値に比例して大学進学実績も低迷しているのには驚くばかり。昔、東京都立が東大入試などで頑張っていたが、今は昔である。公立高校に関係している方々は、この全国的な傾向に対してどう考えておられるのか?
posted by ケチ at 12:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

不整脈とカテーテルアブレーション

先日、大学の先輩K氏と会合でご一緒した。氏は4月の中旬に不整脈の治療でカテーテルアブレーションを受けたらしい。不整脈の発症原因の一つに加齢(75歳以上)がある。大学の同級生が3年ほど前に突然に軽い脳梗塞を発症したし、昨年も高校の同級生が1ヶ月程入院。二人とも今は元気だが、このところ不整脈による軽い脳梗塞の話をよく聞く。不整脈の原因には幾つかあるが、心房細動が多いようだ。不整脈の自覚症状が少ないらしい。野球の長島氏が心房細動で手足に麻痺が残った。自覚症状のない病気には気をつけたほうが良い。K氏は大阪市内のS専門病院で気軽にアブレーション治療を受けたらしいが、不整脈が完治していなくて、治療後に長い坂道をを登るとしんどくなるとか。既に実績が多い治療法だが、1回で治る確立は80%位らしい。心房細動を起こす左心房の発信源をカテーテルに付けた高周波で60度位の温度で焼灼する。治療後も抗凝固薬を飲み続ける必要があるので、治療を受けなければ良かったとの氏の感想だった。何しろ自覚症状が少ないのだから、高齢者は不整脈に留意すべきである。
posted by ケチ at 13:18| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東芝の不適切会計とはこれ「粉飾決算」?

東芝は不適切会計問題を調査している第3者委員会の報告書を受け取ると発表した。どの新聞報道も「不適切会計」と報じているが、これは粉飾決算ではないのか。社長の指導のもと、利益を大きく見せた決算書類、この会社のガバナンスやコンプライアンスはどうなっているのか。社長以下取締役の社会的責任は厳しく追及されるべきである。民間会社では社長の権限が絶大で、監査役も社長の意向で、任期途中でも辞職する。株主代表訴訟も取りざたされるだろうが、政策を遂行する担当者は官民ともに、もっと責任を自覚すべきである。
posted by ケチ at 11:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国立競技場の原案が白紙撤回について

昨日、唐突に新国立競技場の計画が白紙撤回された。当然である。2520億円の建設費が問題だ。平成24年11月15日に日本スポーツ振興センターが選定したもので、総工費が1300億円を予定していたが、倍近い2520億円となったのは理解しがたい。今になって、のオリンピックに間に合うのかどうかが議論されているが、選定されてからの約2年8ヶ月間、何を検討していたのか。1説には記念のモニュメントとして残したいらしいが、モニュメントは不要である。首都圏には立派な競技場が沢山存在する。一箇所に8万人を収容するような施設が必要ではない。大臣も、議員も、知事も、日本の置かれている財政状態を直視すべきである。国民健康保険料が上がり、後期高齢者医療保険料も上がり、介護保険料が利用料も上がる。その上に消費税も上がる。それが日本の現状である。
posted by ケチ at 11:18| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランテイア活動に対する感謝状を拝受

大阪府都市整備部から、7月11日(土)にアドプトロードの会合が、大阪歴史博物館で開催される。その時に感謝状の贈呈式があるので出席するようにとの書簡が来た。生憎、当日は他の研修予定があるので、欠席すると返事をし、17日(金)の午後に府庁(別館)へ受け取りに行くことになった。この「アドプトロード」とは、大阪府内の府道の沿線に、花壇を作り、一年中花を咲かせるボランテイア活動。その活動の推進役として地域協働いきいきネット大阪が立ち上げられて、自分もその内の一人としてボランテイア参加していた。丁度10年目の昨年に、この会自身は幕を閉じたが、花植のボランテイア活動はその後も続いている。17日は台風11号が四国・中国地方を直撃し、大雨を降らせていた。公益社団法人食品容器環境美化協会は、いきいきネット大阪に対して毎年寄付をして頂いていた団体。協賛団体の筈で、その協賛団体から感謝状を頂くのは少し変だとは感じながら、折角のご好意ゆえ謹んでお受けした。本来なら、いきいきネット大阪が、その協賛団体へ感謝状を渡すべきかもしれない。府庁から本町の歯科医院まで台風11号の雨の中を西に歩いたら、ズボンがびしょ濡れになったが、街を歩くのは大好きである。
posted by ケチ at 10:58| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする