2019年11月22日

阪大外国学部内専攻学科入学定員の不思議

同級生等と会う度に阪大のインドネシア語専攻学科の入学定員の少なさが話題になる。100年前の創立当時から基幹学科の一つだったインドネシア語(当時はマレー語)が阪大との統合後に学科で最低の10名となったまま。同じ国立大学の東京外大と比べて東洋語に特色が有ると言われていて多くの卒業生が国際社会で大活躍をして来た。ところが、阪大の外国語学部になった途端に、10名に減員されたままなのだ。大学で外国語を学ぶ目的は言語学者を養成するだけではない。目的は言葉や広い知識を持ち広く深く活躍できる人材の育成にある。アジアの時代と言われている今、世界の状況を鑑みるに、3億の人口を擁するインドネシア語圏の学科が学部内で最低の募集定員では如何にも世間的に疎いと言わざるを得ない。その少なさの理由が統合時の教員数に基づいているとしたら、とんでもない事だ。歪な現状を理解できないのなら25の言語教育機関である有数の教育力云々と言える代物ではない。阪大の為にも早急な改善を望みたい。
posted by ケチ at 12:51| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

ふれあい唱歌隊2019初冬懇親コンサート

11月21日(木)ふれあい唱歌隊の練習風景を泉北コミュニティの記者が取材に来てくれた。2019年懇親コンサートは12月12日(木)にさやかホールのコンベンションホールで開催する。この唱歌隊の歴史は20年以上と古く、毎年さやかホールで発表会を実施している。一時期と比べて会員数が減ったが、月に2回、愉しく歌っている。今年の歌はアニメの主題歌が4つある。@君をのせてAさんぽBもののけ姫Cいつも何度でも。先日、中国成都市のレストラン「陳麻婆豆腐」の発生店へ行った時に、「いつも何度でも」のBGMが流れていた。日本のアニメも世界的になったものだ。これらの主題歌、ハモル部分もあるので歌うのは高齢者には少し難しい。と実はどうなる事やら。
IMG_20191121_115615.jpg 
posted by ケチ at 16:05| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熟年大学園芸科の展示会

11月21日(木)熟年大学の園芸科が園芸作品を展示していると聞いて行って見た。実は家内が、ここ3年間ほど塾大の園芸科を受講している。最近は介護の責任者から解放されて結構楽しそうで、良かったと思う。もともと花いじりは好きなようで、狭い我が家の庭には自分の好きな主として山野草を植え付けている。小生は花の手入れが苦手なので、少しも手伝ってくれないと小言を云われる始末。趣味を持つのは良いし、共通の趣味も多くあるが、花いじりだけは性に合わない。花は観賞する方にまわりたい。
IMG_20191121_131736.jpg
posted by ケチ at 15:52| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

中国西部への旅行

市内在住の中国語の先生のグループに参加して中国内部へ旅行してきた。上海や北京へは行ったが、今回は奥地への旅行である。関空から青島経由で西安へ。「西安」見物後に「重慶」へ飛び、その後はバスで楽山市と成都市へ。帰途は上海経由で関空へ無事帰還した。西安(長安)は日本の平城京や平安京の見本となった都だ。重慶はその昔、蒋介石の国民党の首都があり、日本軍による空爆があった都市だ。成都市も昔からの古い街。重慶は4つの直轄市の内の一つで、何しろ人口が3,100万人。(広さは北海道より少し狭い位)。街の至る所に高層ビル群があり、高速道路網も整備されている。私有地は無いので、公共事業などは効率的だ。重慶市内も成都市にも戸建て住宅が見当たらなかったのは行政が強制的・計画的に高層マンションを建設したからだろう。都市計画は計画経済の方が効率的。公共事業により有効需要を作り出せるので、高い経済成長率が維持できるがその後の成長はどうなるのだろうか。それにしても、短期間での経済発展は驚きである。一時期のバブルは崩壊したようだが、2~3年で街の様子が一変するほどの変化である。合衆国と同じぐらいの広さなのに中国標準時間は北京時間、中央集権の表れか。米国は本土で4つのタイムゾーンがあるのに。世界第1の人口を誇る中華人民共和国、中華思想を振り回さなければ良い国なのに
posted by ケチ at 16:59| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

今年も「喪中はがき」の季節到来

例年、11月の中頃には「喪中はがき」が配達されてくる。数通到達した中に千葉県の松戸市のT氏からの「母が百六歳で永眠した」との知らせがあった。長寿である。2019年100歳以上の高齢者数が初めて7万人を突破し、そのうち88.1%が女性であると厚労省が発表している。T氏は私が和歌山に住んでいた4年間の小学生時代の幼友達である。当時から優秀だった彼は東大経済学部を卒業し、第一生命保険で審議役を務め定年退職した。久しぶりに電話をしたら、今は「俳句」に凝っているとのこと。立派だった田舎の実家は和歌山県広川町へ寄贈したらしい。もう一人の親友だったK氏は秋田大学から富士製鉄に入り、退職後は横浜に住んでいる。経済発展する過程で、都市集中が進み和歌山の湯浅や広川町は過疎化してしまった。私自身は60年住んでいるこの地で、もう暫くは世の中の「変化」を確かめながら残りの人生を愉しみたい。
posted by ケチ at 16:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

放送大学・修士課程修了の甥っ子

久しぶりに妹の家へ行った時、放送大学の学位記を見つけた。亡き父親に見せるために実家にあるのだろう。小生は東京に赴任していた時に放送大学の存在を知り学士入学し卒業した。生涯学習には大変有意義だったので、多く知り合いに入学を勧めたがたった一人入学したのが、甥っ子だった。大学を卒業後に今度は大学院に入り、2年半かけて大学院を修了したのだ。大学院には入学試験があり、東京への出張も必要だったろうが、会社勤めをしながらよく頑張ったものだと褒めてあげたい。放送大学の講師陣は超一流であり、内容も質が高い。リカレントや生涯学習が叫ばれている今、真剣に生涯学習を目指す若者に自信をもってお勧めする。
一郎放大学位.jpg 一郎学士学位 (2).jpg 一郎修士学位記 (1).jpg
posted by ケチ at 20:23| 大阪 | Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの本町筋・心斎橋筋ブラブラ

本町の瓦町通りの歯科医院へ行った帰り道、難波まで歩いた。心斎橋筋は相変わらず海外旅行客で一杯だった。本町・心斎橋筋・戎橋筋とこれだけ長い距離の商店街は世界でも珍しい。先月オープンした大丸へ入ってみた。北隣の元そごう(大丸北店)は修理中で閉店。以前、よく行ったB1・B2へ降りたら大分様子が変わっていた。特にB2の食料品階は商品の陳列棚は少なくなり、机と椅子が揃っているスペースが多くなっていた。海外旅行客用のスペースだろう。顧客のニーズに合わせてレイアウトが変わって行くのを確認するのも面白いものだ。御堂筋側に出たら並木のイルミネーションがあった。綺麗だが中国の西安や重慶等で見た街ぐるみのライトアップとは違っていた。ライトアップに関しては中国の方が凄い。日本の百貨店は綺麗だし品物も豊富だが、インバウンド客の購買力を期待しないととても売りさばけないだろう。韓国の現政権の反日政策によって、韓国の航空業界は大変な事になっているようだ。彼の国で不買運動の中止を要求する運動が起こらないのが不思議である。
11月戎橋通り.jpg R1年11月戎橋で.jpg 
posted by ケチ at 19:58| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

大阪狭山市の功労賞を受賞

中国の内陸部(西安・重慶・成都など)へ旅行し留守にしていた11月3日(文化の日)に大阪狭山市から功労者表彰を受けた。式に出席できなかったのは残念であり、世の中にどれ程の貢献をしたか自信は無い。振り返れば定年退職に・総合計画審議会委員・幼稚園際亜編成検討委員・市民公益活動促進委員・行財政改革推進委員・市民自治を考える懇話会委員など担当したのが受賞理由かも。又、ボランティアとして狭山池博物館解説ボランテイア、NPOふれ愛さやまなど第2の人生を楽しく過ごしたのが、少しは世間のお役に立ったかもしれない。主な公職欄に元市議会議員との記載があったが、市議会議員が功労者として表彰される必要は無いと感じるのは「天邪鬼」的な考えからでは無い。表彰規定にそのような項目があるのなら改正した方がよい。純粋のボランタリー活動の実践者を重視すべきであろう。
R1功労賞状.jpg 
posted by ケチ at 19:19| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市立公民館羽ばたきフェスタ

今年も11月9・10日と公民館を中心に羽ばたきフェスタが開催され、10日のカラオケに出演した。この祭りは公民館とさやま荘で活動している各種の団体が日頃の活動成果を発表するもので、大勢の人が集まっていた。カラオケの曲は北島三郎の「竹」。風邪気味だったが何とか高い声も出たので良かったが、後かたずけの時に長机を押した瞬間に倒れた机が足の甲に倒れて、痛い目に逢った。特に左足の甲の皮がめくれて出血。当直の看護師に応急手当をして頂いた。ヘマをしたものだ。帰宅後、早い目に就寝し、傷口が化膿すると厄介なので、朝から病院の外科で診察してもらった。足の指は動くので、レントゲン撮影は断ったが、週一に金剛登山と火曜日の中学同期生コンペは欠席せざるを得ない。不注意でケガ(大した怪我ではないが)をするなんて情けない。コンペへの不参加は仲間に迷惑を掛けてしまう。
羽ばたきフェスタ2.jpg 羽ばたきフェスタ.jpg
posted by ケチ at 18:56| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

初七日の式を終えて、帰宅へ

四日市市からの帰途、東名阪、名阪国道、西名阪経由で帰宅する積りが、亀山付近で道を間違えて「新名神」に入ってしまった。草津から京治バイパスに入り、途中で一般道路へ降りた。以前良く走った地道を和束、山城、木津川市を越えて、北大和郡山ICから西名阪→香芝、富田林→太子町を経て帰宅。新名神に入ったためにかなり遠回りをした。この名阪道路は高規格道路(自動車専用)だが大阪・名古屋間での料金が一番安く、貨物車の利用が多いので奈良県は有料化を主張している。自動車専用道ではあるが、舗装その他高速道路規格にはなっていないし、路面の痛みがひどい箇所もあり、この主張にはいささか異論あり。



posted by ケチ at 13:40| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする