2019年08月24日

本当に大丈夫なのか韓国経済は!

8月23日にGSOMIAを破棄した韓国の文政権。面子ばかり気にしていて自国民のことを大切にすることを忘れていないか。他人事ながら余りにも状況判断が幼稚である。You tubeで韓国の国会風景を見たことがある。女性議員が真っ当なことを発言している時にヤジが飛び交い、発言が長時間中断されていた。文政権は今後2年間の任期があるが、それよりも韓国経済が2年間耐えられるのだろうか?韓国の皆さん、早く眼を覚ましましょう!
posted by ケチ at 22:48| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

濱口梧陵の稲むらの火と「世界津波の日」

東日本大震災後の2011年6月に日本が申請し、国連で安政の大津波の稲むらの火の美談にちなんで、「世界津波の日」が制定された。そして、今回「百世の安堵〜つまみと復興の記録が生きる広川防災遺産〜」が日本遺産として認定されたようで、誠に素晴らしい事である。自身、白浜への途中に、時々広や湯浅のまちを通ることがある。70年前の記憶が蘇りいつも大変懐かしい。広小学校で学んだ4年間の思い出は、自分史の数ページを占める。濱口梧陵氏が創立したという耐久高校には行きそびれたが、親友の戸田君、木村君たちがそこで学び、生命保険会社や製鉄会社で活躍の後に、今は定年退職後、千葉県と神奈川県に住んでいる。また、以前に親類の葬儀の席で、津木の山は濱口興産へ売ったと聞いたことがるが、真偽の程は定かではない。数年前に町から、地積図を作成の為の測量に立ち会って欲しいとの通知があり、山奥へ行った。山の周囲のへたの部分が数か所あったが、山奥で、全く値打ちがない半端な土地なので、処分せずにその儘にしている。
posted by ケチ at 22:08| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀州出身の偉人、濱口梧陵氏の広川町

安政元(1854)年11月5日の大津波の時の「稲むらの火」から後に濱口梧陵氏が私財を投じて作った広堤防のお陰で、昭和21(1946)年に起こった昭和南海地震(=大津波)の時に、村は大きな被害を免れた。実はこの津波を小生自身が体験している。浜の方から「津波が来るぞ!!」jとの声があり、母親と3人の妹と共に必死で広八幡神社まで走って逃げて難を逃れた。しかし翌日、帰宅途中で被害現場を見たら、紡績の社宅の多くは柱だけになっていたし、逃げ遅れたのだろうか紡績の女工さんの死体もころがっていた。紀州が生んだ偉人の話を知ったのは、かなり後になってからである。

posted by ケチ at 21:29| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

濱口梧陵生誕200年プレイベント

防災の日(9月1日)に紀州広川出身の濱口梧陵のシンポジュームの案内を産経新聞で見つけて応募したが、昨日、抽選に漏れたとのハガキが来た。日本遺産認定記念シンポらしい。私自身、この有田郡広には6歳から広小学校4年生の6月まで住んでいて、住まいの近くに濱口家の屋敷があったし、天洲の浜や広の堤防でよく遊んだ場所である。戦前の教科書に「稲村の火」が載っていた。安政元年(1854)11月5日に安政大地震(大津波)が発生した時に、濱口梧陵は稲むらに火をつけて村人の命を救った。その後、氏は私財を投じて全長652メートル、高さ3.4メートル、上部幅7メートルの広村堤防を作ったらしい。濱口家は千葉の銚子のヤマサ醤油を創立した家で、紀州が生んだ偉人である。選に漏れたのは誠に残念である。
posted by ケチ at 20:59| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

市民カラオケフェスタ(10月25日)へのご案内

恒例のカラオケフェスタが10月25日にさやかホールで開催される。私自身も毎年出演しているが、そのイベントは市民間で意外と知られていない。カラオケは日本発祥でフアンが多いし健康的で、医療保険や介護保険から見ても多大な貢献している。折角開催するのだから多くの人に見に来てもらいたい。このフェスタは文化推進事業団の主催。協力が実行委員会で、当日の運営は実行委員会のメンバーがボランテイアで参画する。そんなフェスタなのに案内チラシを作らないという。そこで、専門家に原稿を依頼して自前でチラシを作製する事にした。沢山の市民が楽しまれ、また「カラオケの良さ」を感じて頂ければ幸いである。
posted by ケチ at 11:37| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あおり運転」を繰り返す韓国文政権!

昨日(8/22)韓国は日本との間のGSOMIA協定を破棄した。両国間のやり取りを見ていると「あおり運転」の繰り返しだ。ホワイト国からの削除を日本の仕返し(徴用工問題など)と勘違いした文政権が、負けじと「あおり行為」を繰り返している。1910年の日韓併合(歴史問題)が悪いと決めつけての行動だ。過去の歴史はそれぞれ時代背景がある。2次大戦前まではアジアは長年西欧列国の植民地であった。もし、過去に植民地であった新興国が同じように宗主国に恨みを抱いて行動したら世界はどうなる?世界平和を守るために国際法も存在する。条約を破る国(ソ連)もあるが、条約を平気で無視する韓国は、国家の体をなしていない。国民の幸せを第1義に考えない政権などは滅びるべきではないか。思想的に凝り固まった左翼政権は手に負えない?!文政権は法律的にはまだ2年間続く。そんな大統領を選んだ韓国民の受ける不幸を憂う。
posted by ケチ at 11:18| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近大医学部移転で住民が監査請求!

金剛さやまコミュニティ紙(8/22号)で近大医学部の大阪狭山市から堺市への移転に関する記事が載っていた。住民の反対は充分に理解できる。都市公園の近くの住民はその好環境を享受しているのに、何故ゆえに公園を潰して民間に払い下げるのか。その上に公園の移転費用も税金で賄われるのd、行政の横暴以外何者でもない。そもそも近大医学部と附属病院が大阪狭山市から堺市へ移転するのが法令的に見て、無理なのだ。医療法により病院の移転は規則により移転要件が規定されているのに、無理矢理に移転を強行しようとしている。「医学部併設特例」を持ち出しての強行策は屁理屈だ。法令を恣意的に解釈する典型的な行政の職権乱用である。この件は、府知事や堺市長が推進しているのだから始末が悪い。大阪を変える必要性は感じるが、府内の市町村のまちづくりを度外視して強引に計画を推進する府の姿勢は如何なものか。この移転計画は地域政党である大阪維新の会が推進しているとは。各医療圏審議会、大阪府審議会、堺市都市計画審議会でも、しぶしぶ賛成らしい。審議会は形骸化していないか?TOPの方針になびくとしたら、隣国の文政権と同じではないか。社会正義は何処へ!
posted by ケチ at 10:56| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪の履正社が甲子園で優勝!!

高校野球の全国大会で履正社高校が星稜高校を5対3で破り優勝した。春の選抜の1回戦で敗れた履正社だが、夏までに攻略法を考えて雪辱した。昨夏と続いて大阪勢が2連覇。久しぶりに、緊張してテレビ観戦。興味の持ち方にもよるが、プロ野球の実況を見ていてそれ程興奮・緊張しないのに不思議なものだ。気分的には60余年前の自分と変わっていない事を再発見した。
posted by ケチ at 10:21| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

10年間有効のパスポート取得

10年前(2009年)に阿倍野のパスポートセンターで取得した旅券の有効期限が切れるので、市役所に申請していた旅券を入手した。10年間有効期限旅券の費用の1万6千円は高いと思われるが規則だから仕方がない。この10年間で合計10回の海外旅行へ行った記録が古いパスポートに残っている。過去8年間は、非常勤特別職に就いていたので、長い目の海外旅行は出来ず、妻に大きく水をあけられているが、その間でも近場への旅行はしていた。中国には2回(上海・北京)、ベトナムへ2回(ハノイ・ダナン)、韓国2回(ソウル・プサン)、マレーシア1回、台湾2回、香港1回である。これからは残りの健康寿命時間を知る由もないが、「物より思い出」を実践して人生をエンジョイするための旅行を楽しむ積りである。
posted by ケチ at 09:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

韓国に関する新書シリーズD

新書シリーズD
【もう、この国は捨て置け! 韓国の狂気と異質さ 著者 呉善花市(拓殖大学教授)/石平氏(評論家)】
【韓国の日本に対する外交姿勢、反日体制はますます攻撃的、強硬的、超法規的なものになっている。この異常さの背後に何があるのか。中国を捨てた石平と韓国人をやめた呉善花が解き明かす狂気の国・韓国の真実】
posted by ケチ at 18:35| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする